おすすめのローテーブル

main-img

ローテーブルは、リビングに置いてちょっとした小物を置く場所にしたり、サイドテーブルとして部屋に置いてインテリアとして使用したりと、さまざまな場面で活躍する家具です。

ローテーブルに関してわかりやすく説明しております。

ローテーブルにはいろいろと種類がありますが、デザイン、高さなどを吟味して選べば、機能的にもデザイン的にも大きな役割を果たしてくれるでしょう。


まず、ローテーブルの平均的な高さについてです。

もしリビングに置き、座った状態でテーブルを使用することを考えているなら、40センチメートル以下の高さのものを選ぶのがよいでしょう。また、ソファの前に置き、テレビを見ながらその上にマグカップなどを置いて使用することを目的としているなら、高さは65センチメートル以上のものが安定感があり使いやすいです。
デザインに関してですが、天板の形を意識して選ぶことが重要です。



天板が長方形の形をしているものは使いやすく、一般的です。
ただし、角がとがっているため、小さいお子さんがいらっしゃる場合には注意が必要です。


一方丸形のものは、使用できる面は長方形のものよりも小さくなりますが、インテリアとしてはセンスのある部屋を演出するのに役立ちます。
同じように、三角形など変わった形のものもインテリアとして面白い要素を持ちますが、利便性はあまりいいとは言えないでしょう。素材もとても重要です。


天板がガラスでできている場合は、底が透けて見えるため、ディスプレイ性が高くなっています。



木製のものを選ぶと、ナチュラルな雰囲気の空間を作ることができます。

納得の情報

subpage1

ダイニングテーブルとは、食事用のテーブルのことで使用する人数や家族構成に合わせてサイズや形を選びます。ダイニングテーブルは比較的大きな買い物となるので、失敗をしないためにもきちんと大きさを測ることがポイントで、家具の中でも大きいので、お部屋の雰囲気とマッチしたものを選ぶ必要があります。...

more

皆が知りたい情報

subpage2

ダイニングテーブルは最も大きな家具の一つです。そのためダイニングだけでなく、場合によっては家の雰囲気にまで影響を与えることがあります。...

more

生活のテクニック

subpage3

ローテーブルを選ぶ時は、まずデザインなど見た目の印象で決める場合が多いでしょう。ですが、まずサイズを絞ってから好みのデザインの物を見つける方が効率良く選べます。...

more

最新情報

subpage4

リビングルームに置いてあるソファで寛ぐ時に、お茶やお菓子を置くちょっとしたテーブルが欲しいと思っている。狭い部屋に一人暮らしなので、大きなテーブルは圧迫感がありすぎて置けない。...

more