ダイニングテーブルの選び方

ダイニングテーブルとは、食事用のテーブルのことで使用する人数や家族構成に合わせてサイズや形を選びます。ダイニングテーブルは比較的大きな買い物となるので、失敗をしないためにもきちんと大きさを測ることがポイントで、家具の中でも大きいので、お部屋の雰囲気とマッチしたものを選ぶ必要があります。まず大切なのはサイズで、お部屋に物理的に置くことが可能なサイズを把握することが重要です。


いくら理想のダイニングテーブルがあっても、お部屋を圧迫してしまっては見た目も悪く、お部屋が狭くなってしまい、お部屋に合っているとは言えません。

真剣にダイニングテーブル情報の差に驚きました。

また、必要よりも狭いものを選ぶと、窮屈でお皿が置けないということになってしまいます。

隣に座っている人の肘があたらないかを目安にしてください。サイズの間違えを避けるためにも購入する前にきちんと使う人数とお部屋に置けるサイズを考えておきましょう。


次に大切なのは素材や色です。一般的には木材の印象が強いですが、ガラスや大理石などもあります。お部屋の大きな部分を占めるので、他のインテリアや床や壁の色合いとマッチするものを選ぶのがお部屋に自然になじませるコツです。特にテーブルに木材を選ぶ場合、床が明るいブラウンであれば、テーブルも合わせた方がしっくりきます。



床の色は明るいものから落ち着いた色までさまざまですので、できるだけ合わせた方が全体の一体感が出ます。



ダイニングテーブルを選ぶ時の参考にしてみてください。