ダイニングテーブルを選択するときのポイント

ダイニングテーブルは最も大きな家具の一つです。


そのためダイニングだけでなく、場合によっては家の雰囲気にまで影響を与えることがあります。


それだけにダイニングテーブルの選び方は非常に重要といえるでしょう。
選ぶときに気を付けるべきポイントは複数あります。その中でも必須といえるのは大きさです。
ダイニングで使用するといっても、ダイニングのどの部分に置くかによって大きさは限定されます。

置けることが第一条件ですが、置けるだけで安心してはいけません。

置いた結果、ほとんど余裕がなくなってしまうと息苦しい雰囲気になってしまうからです。

ダイニングテーブルに関するご案内です。

余裕を持たせることも念頭に置いたうえで、大きさを決めることが大切です。



使用する人数や標準的な料理の数も考慮して、無理のない大きさを選ぶと良いでしょう。また椅子のことも計算に入れておく必要があります。



大きさだけでなく、引くときに必要になる空間についても考えなければなりません。

どうしても椅子を引く余裕がなさそうな場合は、2本脚のタイプのダイニングテーブルを選ぶと良いです。横からの出入りが可能になるため、利用者の可動範囲が広がります。

つまり座るときに、必ずしも椅子を引く必要がありません。
ダイニングテーブルと別売りの椅子を購入する場合は、大きさだけでなく高さのバランスを確認することも重要です。

それだけでなく、素材や色合いなどの相性についても考えなければなりません。


統一感を大切にするのがポイントです。